占いが当たる人 当たらない人

  • HOME »
  • 占いが当たる人 当たらない人

DA097_L
随分前、浜松で小さなお店を経営していた時の話です。

求人誌を見て応募してきた女性と面接をして、

こちら側の条件に適う方だったので採用ということになりました。

その応募者、その時は無職だったので

 「何時から勤務可能ですか? 来週から勤務しますか?」

と、お誘いしたのですが、

 「今、水星が逆行中なので3週間待ってください」

というお返事・・。

 水星が逆行している時には、何かを新規に始めてはいけない・・

よく分かりませんが西洋占星術ではそうみたいです。

その時は、正直、

 ちょw 水星の逆行とか、何なのそれww

と思ったのですが、目が超真剣でしたので3週間待つことにしました。

彼女から漂ってくる気迫が凄かったので、待ちました。

 

占いは当たるのです。

正確に言えば、

占いを、心の底から強く信じている人には当たります。

ビリーフ(信念)はその人を強く支配し、

フォーカシングの力で、そのビリーフに沿った現実を作り出していきます。

占いは絶対的なもの、占いに逆らうことは出来ない

と強く信じ込んでいる人にとって、占いは宇宙の真理なのです。

これは占いに限らず、思想信条も同じです。

一度出来上がったビリーフは、強烈な「考え方のクセ」を生み出しますので

そのフレームに合わないものは除外し、合うものだけを取り入れます。

 

ちなみに、僕は占いを信じてません。

信じてないので全く当たりません

水星が逆行しようが、大殺界であろうが関係ありません。

他の人は知りませんが、僕には関係ないのです。

 

昔、ご縁があり、有名な東洋占星術の先生に占っていただいたことがあります。

鑑定結果は以下の通り。

・東京は凶の地、特に新宿は大凶、でも23区以外はOK
・コーヒーを飲むと健康を害する
・革製品を身につけてはいけない
・北と南西は凶角、行ってはいけない
・水に関する商売をしてはいけない
・地下はダメ、地下街、地下鉄には要注意
・茶色のものは相性が悪い

すいません。。 毎日コーヒー飲んでます。 おいしく飲んでます。

東京・・、どう考えても僕にとって幸運の地だよなぁ。

素晴らしい出会いがあったし、これからもそう。

冬は革ジャン。 超定番。 革製品大好き。

 

こんな僕ですが、占いを毛嫌いしてるわけではありません。

四柱推命、姓名判断、西洋占星術、霊感占い、心理テスト・・

いろいろありますが、それらは「文化」だと認識しています。

占いは人類にとって「何かの役割」を果たしてきたのですね。

ここでは「信じてない」と言っちゃいましたが

普段の会話の中で目くじら立てて占いを否定することはありません。

占いが好きな人って多いですからね。 波風を立てる必要はないです。

飲み屋とかで「俺ってB型だからさ、ごめんねー」って言いますもん。

会話の潤滑油として占いはかなり優秀な素材です。

 

僕は、職業柄、占いを信じすぎて

人生がボロボロになっている人に会えば

ビリーフを緩めるコーチングをしますが、

かと言って

こちらの思考を押し付けるようなことはしません。

僕の思考は、どこまで行ってもその人にとっては「外部」のもの。

変化は「内部」で起こらない限り定着しないからです。

 

→ エッセイ集 目次に戻る

  • twitter
Copyright © 池田修悟.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.